母体保護法指定医、日本産科婦人科学会産婦人科専門医 須藤産婦人科

お気軽にお問い合わせください、

0463-77-7666

  • お知らせ
  • アクセス
  • プライバシーポリシー

0463-77-7666

玄関

医院概要

about us

ごあいさつ

当院は昭和53年に開業し、今年で40年目になります。この間、様々な学問的な進歩が産婦人科学にはもたらされてきました。それに伴い、産婦人科医療の在り方も変化し続けています。
周産期分野ではNIPTが日本に導入されたことがまだ記憶に新しいところです。また、超音波機器の発達もあり、”Fetus as a patient”という考え方が妊娠管理を大きく変化させてきています。これは、「患者としての胎児」という考え方で、生まれる前から胎児を診察していくというものです。
CHD(先天性心疾患)をはじめとする先天性の構築異常の検出率が向上してきています。超音波検査で胎児の心臓の異常などを調べることにより、出生時の準備をしていくことが目的の一つです。もちろんすべての異常が検出できるわけではありませんが、もしも、出生時に影響することが予測される異常が疑われた場合は高次医療施設に御紹介させていただいています。また、他にも高次医療施設での管理が望ましいと判断した場合は、医療連携し、対応させていただきます。

web予約システムについて

web予約システムは現在試運転中のため使用できません。ご予約は受付スタッフにお申し付けください。
試運転が終了しましたら改めて御連絡させていただきます。

外観

診療時間

診察スケジュール表

▲:土曜午後の診療は14:00〜16:00です。
━:日曜、祝日は休診です。

分娩室

胎児心拍数をモニターしながらの分娩になります。分娩はリスクの変化を伴います。稀ではありますが、分娩台で管理していたローリスクと思っていた分娩中に、突然にハイリスクに変化し、手術台に移って緊急帝王切開術による分娩としなければならなくなる場合もあります。

新生児は出生後インファントウォーマー上で観察します。インファントウォーマー上にいる間はSp.O2モニターを右手に装着させていただきます。